So-net無料ブログ作成
検索選択

生きねばねば

必ずしも「ジブリもの」が
オッケーなわけではない。自分だが、
(説教くさいところが・・)
今度の映画だけは「零戦」てことで
見に行きたい気がして。
20130721200536.jpg
珍しく。
封切り直後という、
はしゃいだタイミングで、見て来た。

で。
見終わって。

アニメ映画を見た、
という気がまったくしなかった。
そんなものは、通り越していた。

普通の映画として心の深淵に響く、
すごくいい映画だったと思う。

それにしてもアニメの表現力って。
ここまできたのか。

いまの時代
「戦前の日本」の質感と空気感を出すのに
アニメ以外の手法はあり得ないと思うし、
(安っぽいセットと若い俳優の学芸会演技では
 文部省推薦程度の戦争映画にしか・・)

戦前の日本を実際に覚えている者にしか
あの質感をアニメですら再現できないとしたら、
「とっても貴重な映像」を我々は見ているのだとも思う。

素ん晴らしい映像。

戦前の日本を美化し過ぎているのでは?ちう
ありそうな指摘を自ら打ち消すかのような、
説得力のある、映像。

空はあくまで青く。雲は白く。
道路は砂利道で町並みは猥雑な、あの頃の日本。

主人公たちは礼儀正しくまっすぐで純粋で
それゆえに夢を追ってボロボロになってしまうのだが、
彼らの行動にエクスキューズは一切、ない。

人生に。余計なものが一切ない。

自分の意志に迷いがない。
人に相談したりしない。
ネットで調べたりなんかしない。

そこに心打たれる。

それにしても。
もちろんわしは「戦前の日本」など
見たこともないのに、
この映画に感じる「圧倒的な郷愁感」はなんなのか?

ジブリものによく感じる
「日本の原風景」とも違う、なにか。。

それはたぶん
DNAに若干、戦前が残っている我々世代
(親が戦争体験している世代)がかろうじて
どこかに持っている「戦前の日本」
つまり本当の日本への、限りない郷愁。

戦後の日本は実は日本ではないのではないか?
と誰もが感じている疑問を呼び起こす
何か。。

戦前の日本。

そこに置き去りにされた「なにか」が、
実はこれからの日本にとって、とてもとても
大切なものなのだということをはっきり言うと
当局の締め付けが厳しいので
美しい映像に落とし込んでみせた。。

そういう映画なのかな。と。

しかしながら。

圧倒的に切ないラストシーン
の余韻を引きずりながらトイレに行くと
映画を見終わった若者たちが
きゃあきゃあしゃべっている
のが聞こえてくるのだが。。

「ぜっんぜんわからんかった」

「(主人公が言ってた)
 自分の作った飛行機(零戦)は
 一台も帰ってこなかった、てどういう意味?」

あらら。

たしかに。
これは若者が見てピンとくる映画ではないか。
親ですら戦争知らない世代ってことは
戦前の日本(つまり本当の日本)DNAゼロ
だし、若者。

戦争のことも
本当にはちゃんと教わってないんだろうし、
(かつてアメリカと戦争したというのをうまく理解
 できないまでに若者は洗脳されているそうだ)
伝わるべき情感が彼らには伝わらないのであろう。

でもまあ、
背筋をまっすぐ伸ばして言葉をきちんとしゃべる
主人公たちが素敵だと思ってくれる子が
背中丸めてスマホのぞきこんでる若者の中で
一人でもいてくれたら、いいと思う。

う。発言が。じじい、ぽい。

ねじれがなくなってはしゃいでる自民党の
底の浅そうな人たちが
これからの日本をどうしてしまうのか
マジで心配になった夜に見た、

タイムリーな映画だった。

■いよいよ!プラッシーの夏祭り
7-8030~1.JPG
7月27日(土)
神戸三宮チキンジョージ
開場18:00 開演19:00
前売:2000円(取り置き受付中)

■Love Circuit 2回目のライブ!
DSC_0355s.JPG
 イベントに参加させていただきます

8月3日(土曜日)
梅田AKASO
http://www.akaso.jp/
開場17:30
登場は20:00ごろです
前売:1500円(取り置き受付中)

■夙川のカフェ、オープンしております!
michellcafe.blogspot.jp
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

ケミカル

日曜日にワタクシも観ました。
戦前限りなく白に近かった日本は、戦後色が混じりあい過ぎて、もう何色かわからなくなってしまったんですね。
日本は出島だけ残して鎖国するぐらいが丁度良いのかも。
by ケミカル (2013-07-26 12:34) 

MINAMI

ケミさん

いちど日本はほんとにしっかりいろいろ整理する必要がありますね。
それにはマスコミをはじめいろんなものを解体して、
一からやり直す覚悟がこの国にあるかですが、
鎖国はむかしからわしも訴えてます。
それくらいやっちゃえば面白いと思っています
by MINAMI (2013-07-26 14:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。